TOP 学生課TOP

奨学金

奨学金のお知らせ一覧

日本学生支援機構

     奨学金申請について

     異動届

     在学猶予願

民間・地方公共団体奨学金

博士後期課程研究奨励奨学金

大学院生支援奨学金


日本学生支援機構

日本学生支援機構は、国の育英事業を行っている機関です。貸与を受けることができる奨学金は、「第一種」と「第二種」があり、両方を併用することもできます。 詳細は、 日本学生支援機構ホームページを参照してください。

学生課からのお知らせ一覧

奨学金のお知らせ一覧へ

日本学生支援機構奨学金 貸与月額

種類 第一種 第二種
第一種、第二種の併用申請ができます。
利子の有無 無利子貸与 有利子貸与
返還
※ 大学院生のみ、推薦枠範囲内で返還免除対象となる制度があります。
上限利子年3%以内の変動性利子
対象 学部生 大学院生 学部生 大学院生
貸与月額 自宅
20,000円
30,000円
45,000円
自宅外
20,000円
30,000円
40,000円
51,000円
博士前期課程
50,000円
88,000円
博士後期課程
80,000円
122,000円
20,000円
120,000円
(1万円ごとに)
50,000円
80,000円
100,000円
130,000円
150,000円

※貸与月額変更を希望する場合には、学生課窓口での申請が必要です

在学生対象 奨学金申請について

申請資格

  • 経済的理由で修学が困難であること。
  • 日本学生支援機構が定める学力・収入の基準を満たしていること。

申請時期、窓口

新規奨学金申請受付は、学部生は4月下旬、大学院生は4月上旬です。申請書類は3月中旬より各窓口で配付します。

【学部生】
1年生及び南大沢キャンパス所属の2年生以上は南大沢キャンパス学生課で実施します。
日野キャンパス所属の3年生以上は日野キャンパス教務係で実施します。
荒川キャンパス所属の2年生以上は荒川キャンパス教務係で実施します。

【大学院生】
南大沢キャンパス所属の学生は南大沢キャンパス学生課で実施します。
日野キャンパス所属の学生は日野キャンパス教務係で実施します。
荒川キャンパス所属の学生は荒川キャンパス教務係で実施します。
晴海キャンパス所属の学生は法科大学院事務室で実施します。

【様式ダウンロード】
年収見込証明書
退職証明書
収入に関する事情書
指導教員推薦所見(大学院のみ)
指導教員推薦所見(エクセル版)
※指導教員推薦所見…本文はパソコンで直接入力したものやパソコンで作成した文書を貼り付けても構いません。自署押印部分はコピー不可です。必ず直筆でお願いします。

緊急採用・応急採用

主たる家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡、もしくは火災・風水害等で、奨学金を緊急に必要とする場合に、随時、申請ができます(ただし、証明書類等が必要となります)。原則として、事由発生時から1年以内に、申請をする必要がありますので、速やかに学生課まで相談にお越しください。

採用後について

返還誓約書の作成・奨学生証の受領

初回振込月の翌月頃、採用者説明会にて「返還誓約書」を配付します。記入押印・必要書類を添付の上、期限までに提出してください。未提出者は、振込の保留、採用取消となりますので十分注意してください。
(説明会の日程は、奨学金のお知らせ一覧に掲載します。)

【以下の書類は、説明があった方のみ使用してください】
誓約書訂正書類ダウンロード:返還誓約書記載事項訂正届
返還保証書ダウンロード:返還保証書

また、同時に配付する「奨学生証書」は、奨学生の証明となるものです。各自大切に保管してください。

適格認定

奨学生には、年に一回(12月〜翌1月頃)、「奨学金継続願(適格認定)」の手続が必要となります。各自がパソコンによりWeb申請を行わなければなりません。この手続きを怠ると奨学金貸与廃止の処置がとられ、以降、奨学金を受けることができな・ュなります。この時期の掲示板、ホームページの連絡事項は、必ず確認してください。

異動願等の提出

採用後、休学・退学等の身分異動が生じた場合は、必ず学生課窓口にて手続きを行って下さい。
申請書ダウンロード:平成30年度 異動願(休学・復学・退学)

返還在学猶予の申請について

辞退・満期等により貸与終了後、奨学金返還の在学猶予を申請する時は、以下のページを参照し、 スカラネットパーソナルにログインしてWEBにて申請してください。
【入力内容】
・学校番号(法科大学院以外) 204004−01
       (法科大学院)   204004−60
・学校名(カタカナ) シユトダイガクトウキヨウ
・学校名(漢字) 首都大学東京

日本学生支援機構 在学猶予申請ページへ